タイトリスト915D4の詳細はこちら

スリクソンZ765ドライバー 試打評価

スリクソンZ765ドライバーを試打しましたので
その評価を書かせていただきます。

まず、445㎤ということで
大型ヘッドが苦手な方には
構えやすいし操作しやすいかと思います。

実際に打ってみると、
スピン量の少ない中弾道の力強い球を打つことが出来ます。

元々、スピン量が多めの方なら
確実に飛距離が伸びるでしょう。

逆に、元々スピン量が少ない方や
ヘッドスピードが遅い方は、
逆に飛ばなくなるかと思います。
そういった方は、Z565の方が
高弾道で飛ぶので飛距離が出るでしょう。

スリクソンZ565ドライバーの詳細はこちら

シャフトは、ダンロップから用意されているのは
SRIXON RX シャフトとMiyazaki Kaula MIZU
がラインナップされています。

オススメは、Miyazaki Kaula MIZUです。
私の場合は、スピン量がより減って
飛距離が平均で約5ヤード飛びました。
商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。
スリクソン Z765 ドライバー Miyazaki Kaula MIZU 6 カーボンシャフト ダンロップ 2016年モデル日本正規品【メーカーお取り寄せ】【代引き不可】

松山英樹 スリクソンZ765アイアンに変更

松山英樹選手が、アイアンをスリクソンZ765に変更しました。

これまでZ945というマッスルバックアイアンを使用していましたので、
最終的にはZ965アイアンになるのかと思っていましたが、
Z765アイアンを使い続けています。

松山選手は
「マッスルバックのZ965も試しましたが、
Z765の方が高い弾道が打てる。
自分のイメージする弾道が出ます」
と語っています。


スリクソンZ765アイアンの詳細はこちら

スリクソンZ765ドライバー 特徴は?

スリクソンZ765ドライバーの発売モデルが
発表されました。
R&Aのリストには、5種類?ほど掲載されていたので
どのモデルが発売されるのかと楽しみにしていました。

発売されるのは、2種類。
Z765ドライバーとZ765リミテッドモデルドライバーです。

Z765ドライバーは、重心が深い位置にあり
ミスへの許容度が高く、弾道は高めでしょう。

スリクソンZ765ドライバーの詳細はこちら

Z765リミテッドモデルドライバーは、
重心は浅く中弾道の力強い球が特徴です。
重心は浅いのの、ミスへの許容度はできる限り高めているようです。
松山英樹選手が長年愛用していたZR-30と特徴が似ているので
恐らく松山英樹モデルと言ったところでしょうね。

スリクソン Z765 リミテッドモデル(限定モデル) ドライバーの詳細はこちら

SRIXON Z765ドライバー アイアン 発売日

スリクソンZ765ドライバー、アイアンの
発売日が正式に発表されました。

発売日は、2016年9月10日です。

すでに、松山英樹選手が
Z765ドライバー、アイアン共に
テスト使用しています。

また、塚田陽亮選手が
Z765アイアンでツアー選手権で優勝しています。

Z765アイアンの詳細はこちら

Z765アイアン初優勝!塚田陽亮 日本ツアー選手権

松山英樹選手に続き、
SRIXON契約選手たちがNEWモデルをテストしていますが、
Z765アイアンの初優勝は、塚田陽亮選手でした!

しかも、日本ツアー選手権で塚田選手自身の初優勝。

ドライバーは、Z565ドライバーで
こちらの9月以降に発売が予定されているNEWモデルです。
srixonZ565http://www.randa.org/



SRIXON Z765 アイアン 松山英樹が実戦テスト!

松山英樹選手が、SRIXON Z765アイアンをテストしています。

マスターズ前に、Z765ドライバーを実戦テストしていましたが、
先週の「ウェルズファーゴ選手権」から
これまでのマッスルバックのZ945から
キャビティのNEWモデルZ765を実戦デビューさせました。

このZ765アイアンも、ドライバー同様に
今年の9月くらいに一般の発売が予想されている
最新モデルです。



松山英樹使用ドライバーZR-30

松山英樹選手は、長年同じドライバーを
使用していることで有名ですね。

新しいモデルのドライバーが登場して
テストを繰り返すのですが、
やはりこのドライバーに帰ってきます↓↓

SRIXON ZR-30ドライバーの詳細はこちら

SRIXON Z745 割引 最安値

SRIXONのZシリーズの大幅割引が始まりました。

2016年秋以降に、NEWモデルの発売が予定されていますので、
それまでに売り切っちゃおうという感じですね。

これまでの傾向では、
秋にはほぼ売り切れ状態になるでしょう。
購入を検討されている方はお早目に↓↓

SRIXON Z765ドライバーを松山英樹がテスト

SRIXON Z765を松山英樹選手が
テスト開始したという情報が入ってきました。

2016年秋に発売予定の
SRIXON Zシリーズの最新モデルですね。

やはり日本人で最も旬な松山英樹選手には
SRIXONの最新ドライバーを使ってもらいたいから
早い段階から松山選手の意見を取り入れているのでしょう。

Z745ドライバーも色々テストを繰り返すも
ZR-30からスイッチできなかったことから
NEWモデルは是非とも使ってもらいたいのでしょうね。

今年秋の新作発表が待ち遠しいです。

スリクソン Z745 ドライバーの操作性は?

SRIXON Z745ドライバーの操作性に関してご紹介します。

ヘッドの大きさは430㎤で
最近のドライバーとしては小ぶりと言えるでしょう。

注目すべき点は、重心距離が非常に短く(33.7㎜)
ネック軸回りMIも小さい(5822g㎠)ということ。
これはヘッドの操作性が高いことを意味します。
実際に打ってみると
意図したとおりにヘッドが動いてくれますので
フェードやドローを打ち分けやすいです。
最近の重心距離が長いドライバーが苦手と言う方にお勧めです。

そして、重心の高さも低い(32.1㎜)です。
ですので、低スピンの棒玉を打ちやすいと言えるでしょう。

SRIXON Z745 ドライバーの詳細はこちら