SRIXON Z945 Z745 Z545 違い

SRIXONのZシリーズのアイアンは、945、745、545とあります。
それぞれ試打をしてみたので、その感想をお伝えしたいと思います。ちなみに、私はツアーステージのXブレードCBを使っており、この中ではZ745とタイプは同じかと思います。

松山英樹プロが使うマッスルバッグのZ945は、当然ながら非常に操作性の高いシビアなクラブです。シビアではあるのですが、ソールがV字になっており、抜けが良く球が上がりやすくなっています。正直、このマッスルなら打てるんじゃないかと思う部分と、ラウンド終盤や冬の寒い時期などはきついだろうなと思います。

※数量限定品の為、ご注文後のキャンセル・返品・変更は出来ません。ご了承ください。9月19日頃…

Z745も多くのプロが使うキャビティの最高峰モデルです。操作性と球の上がりやすさを兼ね備えたモデルと言えます。Z945に負けない打感の良さもありますね。ただ、545のようなオートマチック感はありません。初心者の方が545にするのか745にするのか迷うところですが、これからシングルを目指そう!ということで取り組んでいかれるなら、この745で練習されると良いかと思います。

Z745アイアンの詳細はこちら

Z545は最も優しいモデルになります。球が上がりやすく、クラブが仕事をしてくれるというイメージです。優しいクラブというと、スピンがかかりにくかったり、弱く風に負けてしまうような打球になってしまいがちです。しかし、その点はさすがスリクソンです。優しくボールが上がるのですが、スピンもしっかりとかかり、強い球を打つことが出来ます。男子プロも使う選手がいるのも納得できますね。

DUNLOP(ダンロップ) SRIXON スリクソン Z545 N.S.PRO 980GH D.S.T. スチールシャフト アイアン6本セット(#5~9、PW) S Z545 S 24 38in