Z765アイアン初優勝!塚田陽亮 日本ツアー選手権

松山英樹選手に続き、
SRIXON契約選手たちがNEWモデルをテストしていますが、
Z765アイアンの初優勝は、塚田陽亮選手でした!

しかも、日本ツアー選手権で塚田選手自身の初優勝。

ドライバーは、Z565ドライバーで
こちらの9月以降に発売が予定されているNEWモデルです。
srixonZ565http://www.randa.org/



SRIXON Z765 アイアン 松山英樹が実戦テスト!

松山英樹選手が、SRIXON Z765アイアンをテストしています。

マスターズ前に、Z765ドライバーを実戦テストしていましたが、
先週の「ウェルズファーゴ選手権」から
これまでのマッスルバックのZ945から
キャビティのNEWモデルZ765を実戦デビューさせました。

このZ765アイアンも、ドライバー同様に
今年の9月くらいに一般の発売が予想されている
最新モデルです。



松山英樹使用ドライバーZR-30

松山英樹選手は、長年同じドライバーを
使用していることで有名ですね。

新しいモデルのドライバーが登場して
テストを繰り返すのですが、
やはりこのドライバーに帰ってきます↓↓

SRIXON ZR-30ドライバーの詳細はこちら

SRIXON Z745 割引 最安値

SRIXONのZシリーズの大幅割引が始まりました。

2016年秋以降に、NEWモデルの発売が予定されていますので、
それまでに売り切っちゃおうという感じですね。

これまでの傾向では、
秋にはほぼ売り切れ状態になるでしょう。
購入を検討されている方はお早目に↓↓

SRIXON Z765ドライバーを松山英樹がテスト

SRIXON Z765を松山英樹選手が
テスト開始したという情報が入ってきました。

2016年秋に発売予定の
SRIXON Zシリーズの最新モデルですね。

やはり日本人で最も旬な松山英樹選手には
SRIXONの最新ドライバーを使ってもらいたいから
早い段階から松山選手の意見を取り入れているのでしょう。

Z745ドライバーも色々テストを繰り返すも
ZR-30からスイッチできなかったことから
NEWモデルは是非とも使ってもらいたいのでしょうね。

今年秋の新作発表が待ち遠しいです。

スリクソン Z745 ドライバーの操作性は?

SRIXON Z745ドライバーの操作性に関してご紹介します。

ヘッドの大きさは430㎤で
最近のドライバーとしては小ぶりと言えるでしょう。

注目すべき点は、重心距離が非常に短く(33.7㎜)
ネック軸回りMIも小さい(5822g㎠)ということ。
これはヘッドの操作性が高いことを意味します。
実際に打ってみると
意図したとおりにヘッドが動いてくれますので
フェードやドローを打ち分けやすいです。
最近の重心距離が長いドライバーが苦手と言う方にお勧めです。

そして、重心の高さも低い(32.1㎜)です。
ですので、低スピンの棒玉を打ちやすいと言えるでしょう。

SRIXON Z745 ドライバーの詳細はこちら

松山英樹 ドライバー メーカー

松山英樹選手が使用しているドライバーは
SRIXONというブランドで
メーカーはダンロップです。

SRIXON Z745 のプロトタイプです。

市販されているモデルの
日本正規品・純正シャフトはこれ↓↓

SRIXON Z745 ドライバー詳細はこちら

ヘッドスピードが43以下くらいの方は、
50g台の純正シャフトが良いでしょう。

それ以上のヘッドスピードの方は、
カスタムシャフトを選択されてもでしょう。


安心のメーカー正規カスタム品!カラーカスタム対応可能!【新品】【送料無料】【メーカー正規…

スリクソンz745ドライバー評価

スリクソンZ745ドライバーの評価が続々と入ってきています。
やはり松山英樹選手がこのドライバーを選んだということで、多くのアマチュアの方々も実際に使い始めた方が多いですね。

SRIXON Z745 ドライバー詳細はこちら

945、745、545とある三種類の中で、真ん中の745。やっぱり一番これを選びたくなりますよね。
それなりに高弾道で、強い球が出てくれます。やはり545では少し初速の鋭さと言う面で不満がある方が、745を使われる傾向にあります。
力強い球で尚且つ、高弾道。それが745の特徴です。

9月19日頃新発売予定 DUNLOP ダンロップ SRIXON Z745 スリクソン Z745 ドライバーMiyazaki Kosu…